東芝 ER-TD70-Wは簡単にお菓子や料理は作れるの? 気になる操作性とは!?

生活家電





『せっかくだから美味しい料理や

お菓子が作れるようになりたい!』

キッチン家電を買うとき、

大半の人がそれを期待しているのでは

ないでしょうか。

 

主婦歴11年の私もその1人。

いかに便利で、美味しく

手軽に作れるかが、

家電を購入する時の

最重要ポイントです。

 

とっても美味しそうな料理が

作れそうな期待感を持たせてくれる

『石窯ドーム構造』というネーミング。

 

これからご紹介するのは

『東芝 26L 角皿式スチーム

オーブンレンジ 石窯ドーム ER-TD70-W』

 

東芝のオーブンレンジで、

石窯ドームならではの、

食材のうまみや水分を

ぎゅっと閉じ込めてくれる、

ちゃんと実績も兼ね備えた

優れもの製品です!

 

東芝 ER-TD70-Wは操作が簡単なの!?ケーキもピザも美味しく作れるその性能とは!?

 

まず東芝電子レンジの一番の特徴

『石窯ドーム』は、

国内家庭用オーブンレンジ

業界最高350℃の熱風オーブンで、

加熱がとても早いのがポイントです。

 

こちらは石窯を模した庫内で

遠赤効果により

ふっくら焼く事が出来ます。

 

上面に遠赤ヒーターを採用し、

扉部分を除く4面から

遠赤外線を放射する仕組み

なっているのです。

 

その為、予熱無しで一気に加熱しても、

外はこんがり、中はジューシー

お肉などを焼くことができます。

 

 

また、ケーキやピザも

すばやく焼きあがるため、

生地の水分を逃がさず、

ふんわりとした仕上がりになります。

 

オーブンを使用する際に、

均一に加熱が出来る

石窯の仕組みが再現されており、

じっくり、ムラ無く中まで

加熱することにかけては

他社メーカーに負けない点だと

言えそうです。

 

そのため、ピザなどを焼く際には、

遠赤外線効果で「ふっくら」上手に

焼くことが出来ます。

 

 

操作は、ボタンの上に

メニュー表示があるので、

比較的どなたでも使いやすい仕様に

なっています。

 

またワイド&フラット庫内の為、

広々と使えるのも嬉しいですね!

 

小さめのお皿なら2枚は入り、

庫内スペースを有効に使うことができます。

特にケーキ作りの際は、中が広いと

使い勝手がよさそうですね。』

 

 

東芝 ER-TD70-Wを使ってみた人の気になる口コミは!?

 

・このオーブンレンジは中が広く

使いやすいし、きちんとケーキ等も

焼けます。

 

気になる点はオーブンを連続使用する時に

2回目以降は冷めるのを待たないと、

200度以上上げられないことです。

 

連続でピザなどを焼くときなどは、

あらかじめ焼き時間を長くして

自分でタイマーをかけ、

次々と食材を入れ替えて焼け

対応出来ると思います。

 

・ターンテーブル方式からの

買い替えでしたが、

回転しない方が庫内スペースを

有効に使えると思いました。

ちょっと気になったのは、

扉が以前のは横開きだったのですが、

縦開きになっているので、

オーブンを使う時だけレンジ前の

スペースが狭くなりました。

この製品は扉が縦開きなので、

設置場所の事前確認が必要ですね。

ちなみに背面ピッタリの設置が可能なので、

キッチンの限られた場所でも

設置が可能ですよ。

 

温めは以前より中が大きくなったせいか

時間がかかるように思います。

強すぎると簡単に沸騰してしまい、

ちょっと調整が必要。

しょうがないかな。

いろいろ機能があるので、

これからどんな料理が作れるか

楽しみです!

 

自動あたため機能は、

食材や量にもよって違うので、

うまく使いこなせない時は

ワット数と時間を手動で設定してみると

良いと思います。

ワット数の種類が多いので、

自分で丁度良い加熱を

調整することができます。

 

庫内の広さが非常にいいとの

評価が多かった半面、

天井のヒーターがむき出しになっていることが

今1つとの声もありました。

ガラス管の様なヒーターが、

横向きで裸で付いていますが、

使用には全く問題は無く、

庫内も十分スペースがあり、

ケーキも焼きやすいので、

広さに関してはおすすめしたい点の1つです。

 

また庫内壁面には、遠赤外線が放射される

脱臭コーティングを採用されているので、

臭いを気にする必要がありません!

 

東芝 ER-TD70-Wの類似機種を比べてみてわかる違いとは!?シャープ オーブンレンジ 過熱水蒸気 23L 1段調理 ホワイト RE-SS8X-Wとの比較

 

まず、オーブンに関しては

やはり『東芝ER-TD70-W』勝っているようです。

 

石窯ドーム機能で、

すばやく加熱し美味しく調理が可能です。

 

『シャープRE-SS8X-W』は、最高温度250℃までです。

 

次にメニュー数ですが、

『東芝ER-TD70-W』119レシピ

(ABCクッキングスタジオ オリジナルレシピ含む)、

 

『シャープRE-SS8X-W』は58レシピになります。

 

操作に関しては、

『シャープRE-SS8X-W』ダイヤル式なので、

その点は使いやすいかと思います。

 

以上の点を比較してみると、

 

毎日様々な料理に挑戦したい

主婦の方におすすめなのが

オーブン機能に強い『東芝ER-TD70-W』

 

そしてどちらかというと調理よりも、

あたためなどを多用する方に

おすすめなのが

シンプルで分かりやすい操作の

『シャープRE-SS8X-W』

言えそうです。

 

 

まとめ

 石窯で焼いた料理が美味しい理由は、

高火力で美味しさを

しっかり閉じ込めるから。

 

この機能は、他社のオーブンを

圧倒するものだと思います。

 

ケーキなどのお菓子や

パン作りが好きな方、

オーブン機能を重視する方

『東芝ER-TD70-W』の指名買いで

良いでしょう。

 

食材と調味料をひとつのボウルに

入れてスタートするだけの、

スピーディーに1品が作れる

『おつまみ1分』機能や、

 

 

パン生地を「こねる」という

手間いらずで、専用の材料や

道具を用意せずに、

手軽に焼きたてのパンが楽しめる

『お手軽パン』機能も充実しています。

 

手間を省いて、

楽しく調理できる機能が揃っている

「東芝ER-TD70-W」で、

是非料理のレパートリーを

増やしてみて下さいね。