アイリスオーヤマ『KRC-PD50』のもっちり炊きが美味しすぎると評判!その気になる3つの機能とは?

炊飯器





2020年は怒涛の日々がつづき、外食から

おうちご飯にライフシフトした方も

多いと思います。

 

 

もちろん、ずっと料理されている方も

いらっしゃいますよね。

 

 

せっかく作ったおかずや、デリバリーした

専門店のお惣菜に合わせて美味しい

炊きたてご飯を食べたいと思いませんか?

 

 

でもすごく立派なものは買えない、

なんてことも…。

 

 

そんなあなたにご紹介するのは、

お手頃な値段なのに美味しく高機能な

圧力IH炊飯器です。

 

アイリスオーヤマの『KRC-PD50』です。

 

 

主婦の方にも、これから同居を始める方にも

ぴったりです。

 

 

新しい炊飯器でおうちご飯がもっと楽しみに

なると思うとワクワクしますね!

 

 

アイリスオーヤマ『KRC-PD50』を使ってみて判った美味しく炊き上がる特徴とは?

 

 

どんな機能があるのでしょうか!

どんどんご紹介します。

テンポよくいきましょう。

 

 

まずは、概要です。

 

重さは、6.7kg

寸法は、幅26.5cm×奥行き35cm×高さ23.2cm

炊飯時のワット数は、1,230W

カラーは、ブラックホワイトの2種類。

 

 

炊きあがりの量は5.5合です。

 

 

一般的に、3号、5号、5.5号、1升のものが

多く売られています。

 

 

1合あたりの炊きあがりは約350gで、

KRC-PD50』は2人〜5人分のご飯を炊く

ときおすすめです。

 

 

2人で使うには多い気がしますが、

その場合は冷凍してとっておく分も

一緒に炊く場合が多いようです。

 

 

KRC-PD50』はIHヒーター

もちもち食感に炊き上げることができます。

 

Wヒーターを搭載し、高圧力で炊き上げます。

 

この2つの仕組みによって、熱と水分

お米の芯部によりはやく届き

やわらかく、もっちりとしたお米

仕上げてくれます。

 

 

さらに、冷めたご飯でももっちり食感

そのまま維持されていて、次の日にささっと

作るチャーハンにも合いそうです。

 

 

 

そしてその熱をお米一粒一粒に伝える役割を

になうのは、4層構造の極厚火釜です。

 

 

ステンレス層からアルミ層、それからお米へと順に

熱を伝えることで、ムラなく、ふっくら炊き上げる

ことができます。

 

 

脱線しますが、チャーハンは冷飯派ですか、

熱飯派ですか。私は熱飯の時代が来ていると

おもいます^ ^

一度試してみてくださいね。

 

 

1番の特徴といえば銘柄炊き分けです。

 

 

銘柄炊き・・・響きからもうかっこいい感じで

テンション上がります^ ^

 

 

全国40もの銘柄炊き分ける機能があります。

 

 

銘柄によってお米の個性がちがうことは

すでにご存知だと思いますが、

アイリスオーヤマ独自の研究により、

ひとつひとつの銘柄の特徴を最大限に

引き出した炊飯プログラムをお楽しみ

ください。

 

 

まだほんとうの自分好みのお米に出会って

いない方、試す価値ありです。

 

 

 

2番目の特徴は、お好み炊きです。

 

かたさと食感の選択で9通りの炊き分け

楽しめてしまいます。

 

かたさは、やわらかめ・ふつう・かための3通り

食感は、もっちり・ふつう・しゃっきりの3通り

 

 

余裕のあるときにいろいろ試してみんなの反応を

みるのも楽しそうですね!

 

また他にも、

<6種類のヘルシーメニューのコース>

おかゆ、低糖質、雑穀、おこわ、玄米、麦飯

などがあったり、

 

<料理に合わせた6つの炊きあがりモード>

食物繊維米、おむすび、丼、冷凍、すし飯、カレー

を選べるなど、機能面は十分すぎるほどです。

 

毎日の楽しみが増えますねきっと。

 

 

この充実した機能で、気になるお値段

約14,000円です。もっと安い場合も

あります。

 

 

ここまでで、すでにコスパの良さが

わかりますよね。

 

 

アイリスオーヤマ『KRC-PD50』を使ってみた人の気になる評判や口コミは!?

 

 

続いて、ショッピングサイトなどから

集めた口コミを紹介していきます。

良い面もそうでない面も全部知った上で

検討してもらいたいです。

 

 

デメリットは「上位モデルとの差」

 

 

そうなんです。

この炊飯器にはワンランク上のモデルが

あるんです。

しかしさすが上位モデル、お値段も

ワンランク上なので、かなり悩まれると

おもいます。

 

 

毎日食べるご飯、せっかくなら良いものを

買って長く使っていきたいと思って

しまいますよね。

 

それはお米の国日本で生まれ、お米を食べて

育ってきた定めといっても過言ではありません。

 

 

あまり無理せずにできるだけ良いものを

買うことが最善だと思います。

 

 

上位モデルとの差がある反面、

メリットは「コスパの良さ」

 

 

10,000円を下回る炊飯器は、炊く機能のみ

コースや炊き分けができないものが殆どです。

 

 

浸水時間を自分で測って炊かなければ

いけないものや、朝のタイマーがないもの

など、かなり不便な気がします。

 

 

ある程度の機能と美味しさを求める

最低価格なのが『KRC-PD50』だと

思います。

 

 

お値段が張る炊飯器にありがちな、

内釜が洗いづらい、操作が難しい、

なんて声はありませんでした。

 

 

内釜が欠けやすい土鍋のものは洗うとき

緊張してしまいます。

緊張すると逆に手元が滑ってしまったり

しますよね^ ^

 

 

 

次は圧力IH炊飯器であることの

デメリットですが「重い」

 

 

圧力IH炊飯器はその高い火力に

耐えられるような構造になっているので、

ずっしりと重たいです。

 

 

この重さが扱いにくいという方は注意が

必要です。

 

 

ですがシンク内で落としても欠けることは

ないと思いますよ。

 

 

そんな圧力IH炊飯器のメリットは

「充実の機能」

 

 

ムラなく炊き上がるのは圧力IH炊飯器の

特徴なんです。

 

 

なぜかというと、IH炊飯器は細かな温度調節が

できるので、ただ火力が強いものとはひと味

違うのです。

 

 

この調節は保温でもその実力を発揮します。

 

 

帰りの時間がちがう家族にも、できれば

炊きたてと同じくらい美味しいご飯を食べて

もらいたいものです。

 

 

そこで微調節してくれる保温によって、

時間が経っても最適なご飯をお届けします。

 

 

 

最後のデメリット「開閉ボタンの位置がよくない」

 

 

実際、お茶碗片手にご飯盛りがちですよね。

 

 

少々使いづらいのが、この炊飯器の開閉ボタンの

位置が上ではなく、本体の正面の側面についている

ことです。

 

 

この口コミが非常に多かったです…。

惜しいですね…。

 

 

押し込みが深めで、少し固いです。

 

しゃもじを持って、片手だと少々不安になる

くらいです。慣れればなんともないとは

思いますが、気をつけてくださいね。

 

 

流れるようにご飯を盛って、すかさず

おかわりしたご飯を食べたい気持ちは

わかりますが、ご飯のときくらい少しゆっくり

動いてみるのもいいかもしれません。

 

 

使っていくうちに良い面とそうでない面は、

必ず明らかになってくるのが家電というもの

ですよね。

それもまた楽しいではありませんか。

 

 

『KRC-PD50』と『KRC-IK50』を比較してわかったその違いとは!?

 

 

アイリスオーヤマの別の商品との比較を

していきたいと思います。

 

 

ご紹介するKRC-IK50はもっとお安い値段

売られています。

 

 

同じく5.5号炊き銘柄炊きや、他のメニューも

あります。

あら、この炊飯器もコスパ良しですね。

 

 

1万円強で銘柄炊きは凄すぎますよ

アイリスオーヤマさん。

 

 

では何がちがうのでしょう。

 

 

KRC-IK50はただのIH炊飯器です。

 

そして、『KRC-PD50』は圧力IH炊飯器です。

 

 

IH炊飯器は、熱の伝わり方にムラがなく、

高火力で炊飯します。

 

そのIH炊飯器に圧力機能が

プラスされたのが圧力IH炊飯器です。

 

 

圧力がかかることで、水の沸点が

上昇することで短時間炊飯ができます。

 

 

短時間だと何が良いのでしょう。

美味しく炊けるんです。

 

 

基本的にお米は火力が高いほど美味しく

なるものです。

炊飯するとき、お米がα化する時間が

短くなって一気に炊き上がるからです。

 

 

KRC-PD50』の方が、火力が高く、かつ

もっちり食感の美味しいご飯が炊けるのです。

 

 

見た目の違いはさほどありません。

どちらもシンプルな見た目でどんなお部屋にも

しっくりくると思います。

 

 

IH炊飯器を買うなら、圧力がプラスされて

いる方をおすすめします。

 

多くの人に、「こんなに違うのか」と言わせる

圧力IH炊飯器のすごさ、わかっていただけましたか。

 

 

 

 

まとめ

 

 

コスパモンスター…。

そう言わざるを得ない炊飯器でした。

 

 

あなたはこのモンスターをどう手なずけますか。

 

 

毎日可愛がってもらいたいものです。

 

 

おうちご飯をもっと盛り上げるために、

新しい炊飯器、ぜひご検討ください。

 

 

あなたにぴったりの炊飯器と、

美味しい銘柄が見つかれば私も嬉しいです。

 

 

最後まで読んでいただきありがとう

ございました。