パナソニックヘアドライヤーEH-NA2B-Nで傷んだ髪の潤いが取り戻せるって本当!??

美容家電





女性にとって、髪は命!と言ってもいい程、

ヘアスタイルは大事なものですよね。

 

そして当然、ヘアケアも女性にとっては

とても重要です。

出来るだけきれいな髪質を維持したいけれど、

紫外線やカラー、パーマなど日々変化する

ヘアスタイルに髪質がどんどん耐え切れなくなり、

気付けば枝毛やパサついた髪に…なって

しまうのは勿体無い!

 

そんな皆さんに朗報です!

 

普段使用するドライヤーで乾かすだけではなく、

潤いや艶を与え髪質改善できるのが

こちらの

『パナソニックヘアドライヤーEH-NA2B-N』。

 

では、どんな機能があるのかを紹介して

いきたいと思います。

 

 

 

パナソニックヘアドライヤーEH-NA2B-Nで髪が潤いを取り戻す!その驚くべき効果とは!?

 

まず、

『パナソニックヘアドライヤーEH-NA2B-N』

紹介するには「ナノイー」についての説明が

不可欠です。

 

ナノイーとは、空気中の水に高電圧を

加えることで生成されるナノサイズの

微粒子イオンのこと。

 

このナノイーは水に包まれており、

お肌と同じ弱酸性で、人にも髪にも

優しいイオンです。

 

痛んでいる髪というのは、髪の毛の表面を

守るキューティクルが開いた状態なので、

髪の水分がなくなり、その結果パサついて

しまいます。

 

実は「パサつく」という髪悩みを抱えている

女性は約6割にものぼり、多くの女性が

悩んでいることなのです。

 

パサついた髪はアルカリ~中性になって

しまうのですが、ナノイーを発生する

ドライヤーを使うと、髪の毛の中まで

弱酸性の水が浸透するため、キューティクルが

引き締まってクシや指どおりのよい、

艶のあるしなやかな髪になるのです。

 

これは「弱酸性」のシャンプーで髪を洗うのと

同じ効果ということですね!

 

そしてナノイーは美髪効果だけではなく、

アレル物質(花粉、ダニのフン・死がいなど)、

ウイルスや菌などの活動を抑制することもでき、

不快なニオイの脱臭や、美肌などにも

実力を発揮し、全て実証されているのです。

 

 

 

パナソニックヘアドライヤーEH-NA2B-Nを使ってみた人の気になる口コミは!?

 

・よく見かけるマイナスイオンは髪の表面に

付着して髪をさらさらにしてくれますが、

ナノイーは髪に浸透して水分を与えてくれるので、

しっとりまとまる髪になります。

実際に使ってみてこの違いがよくわかりました。

 

マイナスイオンは開いたキューティクルを

閉じ込めますが、ナノイーは更にキューティクルを整え

引き締める効果があります。

その結果、髪の水分バランスを整え、うねり髪も

解消されるという訳です。

ちなみに水分量はマイナスイオンの

1,000倍以上もあるというのだから驚きです。

早速ナノイーを体感してみたくなりますね。

 

・使用していたものが3年くらい前だったのですが、

今回も迷わずパナ!かなり進歩してます。

元々風量があって、濡れた髪も直ぐに乾きましたが、

今回のはさらに風量が増してる感じがします。

ナノイーも強力になってます。

 

やはり以前からナノイーを愛用している方は、

ドライヤーの品質に満足されているので

買い替えてもパナソニック製品を選んで

いらっしゃる印象です。

 

・使用感ですが、確かにキューティクルが

より整う感はあるもののお値段が倍

なりますので、購入には勇気がいるかなと

思います。

 

確かに一般的なドライヤーよりはお値段が

高めですが、髪を乾かすという本来の

ドライヤー機能だけではなく、

髪に潤いを与えてくれるという機能が

プラスされているので、その価値は十分ある

思います。

 

長年パナソニックのドライヤーを使用している方の

評価を参考にして、髪質に悩みのある方は

こちらの

『パナソニックヘアドライヤーEH-NA2B-N』

候補にあげてもいいかもしれませんよ。

 

 

パナソニックヘアドライヤーEH-NA2B-Nと類似機種を比べてわかった違いとは!?類似品シャーププラズマクラスタードライヤーIB-GP9との比較

  

まず重さですが、

『シャープIB-GP9』は重量約590gで、

『パナソニックEH-NA2B-N』は重量約475gで、

パナソニックの方が若干軽量のようです。

 

 

次に温風温度ですが、

『シャープIB-GP9』は約115℃

『パナソニックEH-NA2B-N』110℃です。

 

 

そして1番の比較ポイントですが、

『シャープIB-GP9』プラズマクラスター

搭載しており、

 

『パナソニックEH-NA2B-N』ナノイーを

発生させるという点でしょう。

 

プラズマクラスターは、髪の表面を覆い、

水分子コートを形成。

(+)イオンと(-)イオンが連続的に結びつき、

髪の表面をコーティング、うるおいの層ができる

というものです。

 

プラズマクラスターとナノイーは、

基本的にはイオンの効果で消臭や除菌をする点と、

仕組みや効果も大体は同じですが、

違いはイオンを発生させる手段です。

 

そしてプラズマクラスターは

髪の毛に対しての効果は定かでは無いのですが、

ナノイー水分を浸透させるという

はっきりとした効果が実証されているので、

『パナソニックEH-NA2B-N』の製品への

信頼度は高いと言えそうです。

この記事を観た方は次の記事も参考にされています↓☆

サロニアのスピーディーイオンドライヤーが売れる理由は?女性が満足する3つの理由とは?
「もっと速く乾かせるドライヤーは ないのだろうか?」 髪を乾かすたびにそんな思いを抱いては いませんか。 特に、ロングヘアの方にとって ドライヤータイムは貴重なおうち時間...

 

まとめ

 

 ナノイー粒子の大きさは5~20nm

(nmとはナノメートルという単位、1nmは

100万分の1ミリだそうです。)

 

つまりインフルエンザウイルスや

コロナウイルスよりも小さいものです。

 

そんなとても小さなナノイーがキューティクルの

わずかな間から入って髪の内部にたっぷりと

水分補給をしてくれるんですね。

 

痛んだキューティクルは水分が蒸発しているので、

ナノイーの力で艶やかなしっとりした髪に

なっていくことがわかりましたね。

 

水分をたっぷり浸透させてくれる

ナノイードライヤーで、早速髪を

乾かしてみてくださいね!