Anker Soundcore Life P2は高性能で再生時間の長さが断トツ!コスパの良さは最高!

家電





急激な広がりをみせるリモートワーク

自宅にいてもイヤホンをするなんてことも

日常的に見られる光景になりました。

 

 

そろそろスマホに付属している有線イヤホンに

不便さを感じはじめてはいませんか?

はたまたお持ちの無線イヤホンに使いにくさを

感じはじめてはいませんか?

 

 

初めての方は「無線イヤホンは音質が

落ちるんじゃないの?」なんて思って

購入を躊躇する気持ち、わかります。

お試しできればいいですけど、

安いものはできないなんてことも。

 

 

ほしい物リストには入れるけど、

購入はためらってしまっている方々へ。

 

 

これまで様々なタイプの無線イヤホンを、

何度も購入してきた私がオススメ

イヤホンをご紹介します!

 

 

ワイヤレスイヤホンって無くす可能性も

なきにしにもあらず…

 

あんまり良いものを購入して無くしてしまうと

ショックが大きいので、安すぎず高すぎずな

イヤホンがオススメです。

 

 

今回オススメするのは

Anker Soundcore Life P2』です。

 

Anker Soundcore Life P2を使ってみて判ったコスパの良さ!

 

 

Anker Soundcore Life P2を発売しているのは

「Anker」という会社で評判はかなり良く、

ほとんどのランキングサイトにランクイン

しているので安心です。

 

 

安すぎず高すぎず、なおかつ

コストパフォーマンスが良いイヤホンです。

価格は5000〜6000円です。

 

 

Anker Soundcore Life P2の特徴:最大再生時間の長さ

 

一番はなんといっても最大再生時間の長さです!

 

 

ケース充電合わせて、最大40時間

音楽再生です。

これはワイヤレスの中でもトップレベル

長さです。

 

イヤホンだけの音楽再生時間7時間、

 

充電10分1時間の音楽再生を可能にする

急速充電機能もついています!

 

 

充電をついつい忘れてしまっても

大丈夫ですね。

 

Anker Soundcore Life P2の特徴:高性能な音質や優れたノイズの除去

 

そして、ワイヤレスイヤホンで一番

気になるのは音質やノイズですよね。

 

 

音質においては、グラフェン採用

ドライバー高性能な振動により洗練された

サウンドを楽しめます。

独自のBassUpテクノロジーによって、

心地よい低音を実現しています。

 

 

CDを再生しているように、遅延のない

高音質で、あなたの不安は何処へやらです。

 

 

また、音声通話の質を高めることに力を

入れているので、クリアな通話をあなたに

お届けできます!

 

 

cVc8.0ノイズキャンセリング

ビームフォーミング機能を搭載したマイクを

イヤホンそれぞれに2個ずつ内蔵することにより、

 

周囲の音は除去されあなたの声がより

はっきりくっきり相手に届きます。

 

 

相手の雑音が気になったらオススメ

してみるのも良いかもしれません。

 

Anker Soundcore Life P2の特徴:優れた防水性

 

もちろん防水性も備えています。

IPX7防水規格に対応していて、運動中の

汗も雨もバッチリ防いでくれます。

 

 

IPX7とは、一時的に一定水深の条件に

水没しても内部に浸水しない設計である

ということです。

8段階中7番目なのでかなり能力が高いと
思います!

Anker Soundcore Life P2の特徴:デザインもシンプルで操作性も良し!

 

デザインはシンプルな

いわゆる耳うどん型です。

前から見たときに、カッコ悪く耳から

イヤホンがはみ出ていているのが気になる方に

朗報です。

 

綺麗にハマってくれるのでそんな心配は

無用のようです。

操作ボタンは、タッチ式ではなく

スイッチ式なので誤操作も起こしません。

 

 

これだけしか紹介していないのに

コスパが良すぎることはもうお分かり

いただけたかと思います。

Anker Soundcore Life P2を使ってみた人の気になる評判や口コミは!?

 

さて、特徴を把握したところで購入者の方々の

レビューをまとめていきたいと思います。

 

 

書く前に思ったことは、レビューの数が多い。

単純に相当売れている証拠だなと思いました。

しかも高評価が多かったです。

 

 

まずはデメリット①です。

「充電ケースなどの充電残量がわからない

 

 

残量を表示してくれる機能すごく便利ですよね。

欲を言えば私もほしいと思いましたその機能。

 

 

しかし考えてみると、通勤中に聞く場合は

毎日だいたい同じ時間聴きますよね。

毎日使っていたら何日もつのかわかるように

なるので大丈夫だと思いませんか?

 

 

「強いて言えば」という感じで微々たる問題

として書かれている方が多かったですよ。

 

 

もしもの時は、充電端子USB Type-Cなので

だいたいの方が持っていると思われます!

私はむしろPCと同じ端子なので楽だと

感じています。

 

 

私の勝手な思い込みですが、機能がシンプルで

あるほど壊れにくそうです。

 

 

メリット①は上記にもあるとおり

シンプルで使いやすい

 

 

接続も一度してしまえば最後に

つながっていた端末と自動接続してくれます。

一度登録してしまえば端末にも記憶されます

ので便利です。

 

 

必要最低限の機能が、しかも高品質で

備わっているのです。

安くてもここまでのコスパの良さを誇る

イヤホンはなかなかないと思います!

 

 

レビューされた方々の大多数が

「なんといってもコスパが良い」と

喜びのコメントを寄せていました。

 

 

私もそう思います。これだけの機能を備えて、

最安値で5000円ですからね。びっくりです。

 

 

 

さらにデメリット②は

人混みでは音が切れることもある

 

 

満員電車の中ですと、お隣さんもそのお隣さんも

Bluetoothだった場合は、大目に見てもらえませんか?

Bluetooth製品が至近距離に何台もあると

音が切れてプツプツするようです。

 

 

途切れたことなんて一度もないという方も

たくさんいらっしゃいました。

 

 

人が少ないのにプツプツ切れるなんてことも…。

安心してください、これは不良品を引いて

しまっただけです。

 

 

この問題はメリット②が解決してくれます!

カスタマーサポートの対応が良い

 

万が一不良品が届いてしまっても

正規品取扱店で購入したのであれば迅速に

対応してくれるようです!

Ankerのカスタマーサポートは手厚くて有名

みたいでかなり良い評判ばかりでした。

 

 

すぐに新しいものがお届いて大変満足だと

不良品に当たってしまった方々が

おっしゃっていました。

 

 

カスタマーサポートってどこでも丁寧だと

思いがちですが、そうではないところも

あって見極めは難しいですね…。

 

 

残念な気持ちを汲み取ってくれる

Ankerのカスタマーサポートは他社に勝る

メリットであると思われます。

 

 

 

デメリット③は少数意見でしたが

取り出しにくい

 

 

ありえないことではないです。

個人差がかなりあると思うのですが、

ちらほらいらっしゃいました。

気にならないというかたも勿論

いらっしゃいました。

 

 

取り出しやすいようにもう少し溝が

欲しかったのかなと思います。

冬なんかは手がかじかんでさらに

取り出しにくいです。

 

 

反対に、しまうときは磁石が反応するので

スポッとはまる感じがたまらないです。

 

 

デメリットはイヤホン本体ではなく

充電ケースに集まっていますね。

 

低コストでどこまでイヤホンの質を上げるか

頑張ってくれたのだと思うとジーンとします。

 

 

音質重視の方はしっかりお金を出して

いただければと思います。

 

 

そうではなくトータルでバランスが良く、

なおかつ音質にもこだわっているものを

お求めならこの

Anker Soundcore Life P2が本当に

おすすめです。

 

 

べた褒めですが、正直で正当な評価ですよ!

 

 

Anker Soundcore Life P2とAnker Soundcore Liberty Air 2 を比較してわかったその違いとは!?

 

ここらでひとつ、同じくAnkerの

Anker Soundcore Liberty Air 2

比較していきたいと思います。

 

 

 

『Anker Soundcore Liberty Air 2』

少しお高めで、約8000円〜でこちらも

1万円切るのですね。

はっきり言って売れています。

 

Ankerのイヤホンはとっても優秀なもの

ばかりだということですね!

 

 

 

ルックスはほとんど変わりませんが、

カラーバリエーションが2色、白と黒です。

どちらも良いデザインです。

 

 

ノイズキャンセリングの機能も付いています。

 

 

Anker Soundcore Life P2』との違いは、

 

防水機能と最大再生時間、

それから操作の設定です。

 

 

こちらは防水機能が付いていません。

多少は大丈夫でしょうが慎重に

扱わないといけませんね。

 

 

さらに『Anker Soundcore Liberty Air 2』

最大再生時間はケース充電合わせても

28時間です。

かなりの違いがありました。

 

 

Anker Soundcore Life P2』のレベルの高さが

わかります。

 

 

最後に『Anker Soundcore Liberty Air 2』

アプリと連携してスマートフォンや

PCのように操作を自分好みに設定できる

機能が付いています。

 

 

ダブルタップで再生停止など、音量の上げ下げ

可能です。

 

Anker Soundcore Life P2』の方は音量の操作は

イヤホンではできません。

 

 

こちらはお値段すこしお高めな分、

カスタマイズできるというわけですね。

 

唯一無二とはいきませんがカスタマイズできる

という特別感は嬉しいですね。

 

 

 

カスタマイズ機能音質を求める方は

『Anker Soundcore Liberty Air 2』の方が

おすすめです。

 

 

 

コスパを重視する方ならば、

ルックスよし、スペックよし、

サポート良しの

Anker Soundcore Life P2

決まりです。

 

 

 

まとめ

 

音質、形状、機能、操作、どれを取っても

ワイヤレスイヤホンは本当に奥深いです。

 

はじめてコードレスの世界へ足を踏み入れた

日のことは今でも忘れません。

 

 

まだコード有りの世界にいらっしゃる方にも、

すでにこちらの世界にいらっしゃる方にも

おすすめのイヤホンとなっています。

 

ぜひご検討ください!

 

 

この記事があなたの判断材料のひとつに

なったら嬉しいです。

 

 

最後まで読んでいただきありがとう

ございました。